合宿免許を選ぶ魅力は?

合宿免許を選ぶ魅力は? 昨今は若者に限らず車離れが囁かれています。確かに車は維持費がかかります。それはガソリンや車庫代だけではなく、車検に任意保険はもちろんの事、故障すれば修理代もかかりますし、経年劣化で部品やタイヤ等の交換も必要です。しかし、車はその維持費以上の魅力を持っているのも事実です。
また、地方に住む人にとっては大事な足である事は言うまでもありません。都心で暮らしている分には発達した交通網の恩恵を受け、女性であれば彼氏や夫の助手席で事足りる事が多いのが事実です。しかし、ある日突然車の魅力に気づいたり、地方に住まなくてはならない事が起こるかもしれません。免許を取るのはそれからでも遅くないかもしれませんが、年齢を重ねればそれだけ免許取得が難しくなるのは言うまでもありません。
そうなると若いうちに運転免許を取っておけばよかったと後悔しても始まりません。その時に後悔しないように、若いうちの時間に余裕があるうちに免許の取得をしておくことをおすすめします。さらにおすすめなのが合宿免許です。学生であれば必ず長期の休みがあるわけですから、そこで通う事が可能なわけです。通常の教習所でも問題はありませんが、若いうちは色々と誘惑がありついついさぼってしまう事があるかもしれません。
しかし、合宿免許であればそういった事もないので、短期間で免許取得まで一直線です。それが最大の魅力でもあり、売りと言えるでしょう。

合宿免許に必要な持ち物

合宿免許に必要な持ち物 2週間程度の短期間で自動車教習所を卒業できる合宿免許は、大学生などまとまった時間が取れる人に人気の免許取得方法です。合宿免許は地方に泊りこんで教習所に通いますので、旅行気分を味わうこともできます。ただし、2週間から3週間近くの泊まり込みになりますので、持ち物には迷うところです。何をもっていったらいいか見ていきましょう。
まず、絶対忘れてはいけないのが、住民票や本人確認書類などの必要書類です。忘れると入校できませんので、何が必要かを早めに確認して揃えておきましょう。印鑑はうっかり忘れやすいですので、ご注意を。筆記用具も忘れないようにしましょう。
後は通常の旅行同様に、現金やキャッシュカード、着替えの服や下着、パジャマ、洗面道具や女性なら化粧道具、洗濯洗剤、視力を矯正している人はメガネやコンタクトレンズ、雨具などは必須です。スマホを持っていく人はスマホの充電器も忘れないようにしましょう。
教習所が終わった後は自由時間となりますので、ゲームや本といった暇つぶしになる物があるといいでしょう。そのほか、頭痛薬や風邪薬といった常備や爪切りなども万が一の備えとして持っていくことをおすすめします。